平成27年4月からの保育所等の保育料(利用者負担額)が決定しました!

 平成27年4月より、子ども子育て支援新制度が施行されました。
 このことに伴い、新制度へ移行する幼稚園、保育所等を利用する際の秩父市での保育料(利用者負担額)は、秩父市議会を経て、以下のように決定いたしました。

利用者負担額とは?

 新制度における名称で、現行の保育料に代わるものです。子どもの保育のために必要な費用(人件費、事業費、管理費等)のうち、保護者の皆さまにご負担いただく金額のことです。
 秩父市ではこれまでと変わらず”保育料”という名称を使用し、ご案内いたします。


平成27年度 秩父市の保育料表

※(  )内の金額は、母子および父子世帯、在宅障がい児(者)のいる世帯等に該当した場合の金額です。
※ 母子・父子・在宅障がい児(者)の有する世帯等の対象世帯に該当するかどうかには、一定の条件があります。
※ 税額は、住宅借入金控除、配当控除、寄付金控除等の税額控除適用前の金額で算定します。
※ 表中の金額は月額です。
 

(1)1号認定子どもの保育料表(月額)

 ~認定こども園(幼稚園部分)、新制度へ移行する私立幼稚園(公立幼稚園は除く)~ 

 ※平成27年5月1日現在、新制度へ移行する施設は、秩父こども園と公立幼稚園(久那・吉田・荒川)の4園のみとなっております。
 ※公立幼稚園の保育料表については、学校教育課ホームページをご参照ください。

                                                              (単位:円)

 



(2)2号・3号認定子どもの保育料表(月額)

 ~保育所(園)、認定こども園(保育所部分)、地域型保育~
                                         (単位:円)




秩父市の保育料の設定について

  秩父市の保育料表は、以下の内容を踏まえ、設定しています。
 
 (1) 新制度の保育料は、世帯の所得に応じた”応能負担”を基本とします。
 (2) 国が定める基準よりも減額した金額を設定し、負担軽減を図ります。
 (3) 国の定める階層よりも細分化した階層区分を設定し、制度変更による影響緩和を図ります。

【1号認定子ども】国の定める基準と秩父市保育料の比較(72KB)
【2号・3号認定子ども】国の定める基準と秩父市保育料の比較(91KB)


 

保育料の算定方法について

変更点1 :保育料を計算する基準(ものさし)が変わります!

 旧制度(平成27年3月分まで)の保育料は、源泉徴収票などの資料をもとに、世帯の”所得税額”をもとに決定していました。
 平成27年度以降は、世帯の市町村民税額の”均等割額”および”所得割額”をもとに決定します。
 (保育料を決定する際の所得割額については、調整控除以外の税額控除は反映しない金額とします。)

変更点2 :保育料の年度切替の時期が変わります!

 4月~8月分については前年度、9月~翌年3月分は当年度の市町村民税額をもとに保育料を決定します。毎年9月に保育料の見直しを行いますので、年度途中で金額が変更になる場合があります。

【平成27年度の保育料算定時の切替時期の例 】


変更点3 :年少扶養控除および16~18歳までの特定扶養控除の取り扱いが変わります!

 平成22年の税改正により廃止となった年少扶養控除および16~18歳までの特定扶養控除について、現行の保育料では、国の基準により控除廃止の影響を緩和するため、各控除の上乗せ部分があるものとして”所得税額”の再計算を行い、保育料を決定していました。
 平成27年4月から、算定基準が”市町村民税額”へ変更されるのと同時に、これまでのような再計算は原則行わないということが新たな国の基準となったため、秩父市も国と同様の取り扱いにいたします。 

保育料の計算例(241KB)



母子世帯、父子世帯、障がいのある方がいる世帯に対する保育料の軽減について

  母子世帯、父子世帯、在宅障がい児(者)を有する世帯等に該当すると認定された場合、保育料の一部を軽減いたします。
 軽減の対象となるのは、上記の認定がされた世帯のうち、1号認定子どもの保育料表中の第2~3階層、2号・3号認定子どもについては、第2~7階層に該当した世帯となります。
 軽減後の保育料は、先に示した(1)1号認定子ども 及び(2)2号・3号認定子どもの保育料表中の(  )内の金額となります。

※ 母子・父子・在宅障がい児(者)の有する世帯等に該当するかどうかには、一定の条件があります。
  詳細はこども課までお問い合わせください。



多子軽減について

(1)1号認定子どもの多子軽減

 年少(3歳)から小学校3年生までの範囲内に子どもが2人以上いる場合、その中で最も年齢の高い子どもを第1子、次に年齢の高い子どもを第2子とカウントします。
 第1子は保育料表の全額負担となりますが、第2子は半額、第3子は無料となります。

【多子軽減の該当例(5歳児以下は全員幼稚園に入所している場合)】



(2)2号・3号認定子どもの多子軽減

 小学校就学前の範囲内で、保育所(園)、幼稚園、認定こども園等の施設を利用している子どもが2人以上いる場合、その中で最も年齢の高い子どもを第1子、次に年齢の高い子どもを第2子とカウントします。
 第1子は保育料表の全額負担となりますが、第2子は半額、第3子は無料となります。

【多子軽減の該当例】



保育料の納付

  保育料の納付先は施設により異なります。
 ※ 私立幼稚園について、新制度に移行するかどうかは各園にお問い合わせください。



 

お子さんの、安全で充実した保育を行うために、保育料の納付にご協力ください!

  保育施設の運営には、お子さんの健康と安全を守るため、施設管理・維持費や人件費など多くの経費がかかっています。 秩父市では、保育料を国の定める基準よりも低く設定し、保護者の皆さまの負担軽減を図っておりますが、安全で安心、充実した保育を実施していくためには、保護者の皆さまに納付していただく保育料が重要な財源となります。
 保育料は、必ず期限内に納付していただきますよう、ご協力をお願いいたします。